• 1ページでわかる阪神機器
  • 事業紹介
  • 生産設備
  • アクセスマップ

機械製造部 設計課 インタビュー

ヤル気があれば早く仕事を任せてもらえます

 建設機械の部品や水処理施設の制御盤を設計しています。自分が設計した製品が現物になったときには満足感があります。この仕事をやっていてよかったと思います。設計は3次元CAD設計ですが、実物をイメージして作業しやすく、稼動部を動かして干渉チェックや強度解析ができるので精度のよい設計ができます。立体的な絵ですから、図面が苦手な人でもわかりやすいです。
 そういう私も、CADは学生時代に少しかじっただけで、仕事で使うほどの技術はなく、当初はストレスに感じていました。でも、先輩に指導していだたいたおかげでこなせるようになりました。ヤル気さえあれば助けてもらえるし、積極的に取り組んでいけば早い段階から仕事を任せてもらえます。
 特に、私の部署は4人と少ないので、設計以外のさまざまな業務をしなければなりませんが、だからこそ経験が積めるし責任をもって当たれるので充実感があります。

社員01

週に一度、会社で英会話レッスン

社員02

 技術者としてもっと成長することと、職場においてなくてはならない人になることが私の目標です。その目標に向かって英語と資格取得の勉強をしています。部署によっては海外から英文のメールが直接来ることもあるので、私も英会話をやっておこうと思ったのです。レッスンは会社で週に1回、講師を呼んで行われます。阪神機器は学びたい意志のある人には非常にいい環境です。英会話は私の苦手なコミュニケーション力を養うにもいいと思います。設計という仕事は意外に人と接する機会が多いものなのです。
 また、年齢や役職に関係なく、ミーティングでは自由に発言でき、よいアイデアであれば取り上げてもらえるのもこの会社のいいところです。

オフは釣り三昧でリラックスしています

 休日は釣りをして過ごします。3年前からハマっているんです。世界の中に魚と自分だけ。他のことは何も考えずに海を見ていると本当にリラックスできます。大物との出会いを夢見て、週末は瀬戸内海の島に通いますが、なかなか思い通りにはなりません。一度、50センチのクロダイを上げたときは本当に興奮しました。冬はさらに四国の愛媛や高知まで出かけて行きますので、釣果をご期待ください。
 では、学生のみなさん、残りの学生生活を思い切り楽しんでください。そして、ものづくりや設計がしたいと思う人、一緒に働くのを楽しみにしています。

社員03


フッター