• 1ページでわかる阪神機器
  • 事業紹介
  • 生産設備
  • アクセスマップ

電気機器製造部 基板工作課 インタビュー

徹底した清掃と整理整頓が自慢です

 私は自動はんだ装置・基板試験装置のオペレーターをしています。日々の作業の中で最も注意をしていることは、故障を防ぐために使用前に必ずていねいに点検し、定期的な清掃を徹底することです。
  この作業場は静電気を極端に嫌いますので、静電気を発生させないための徹底した取り組みを行っています。手首にはアースバンド、部品が乗っているワゴンや作業台に体が触れる部分はすべて導電塗装の床にアースされる仕組みに、また部品保管庫は導電性の棚に導電性のコンテナを使用するなど、万全を期しています。
  さらに、室内の圧力は外気取込空調機で制御されていますので、わずかなホコリも侵入させません。私たちも徹底した清掃と整理整頓で作業環境を維持しています。これは我が社の自慢で、見学コースも設けてありますのでぜひ見ていただきたいです。

社員01

現場改善が好きです

社員02

 毎月の売上目標を達成し、高い品質を保持することを目標にしていますが、そのために、今よりも正確に作業が行えるように常に現場環境のさまざまな改善を行っています。実は私は現場改善が好きなんです。というのは、装置を動かしていることもあって装置に関する改善が考えやすいからで、実際に自分で作った道具によって作業時間が短縮されて生産性が上がり、品質向上にもつながったことがあります。そんなときは技術者としてすごくやりがいを感じます。

団結と助け合いの精神はピカイチ

 阪神機器はとても組織がしっかりしていて、福利厚生が整っているいい会社です。社員旅行や社員寮、スポーツ大会やイベントなどがあり、社員がよくまとまっています。
  私の部署は前後の組立工程と品質管理との連携がうまくいっていないと機能しません。ですから、日頃からよく話し合い、アドバイスしあっています。こうした、団結して目標に向かう姿勢や助け合いの精神は他社に負けないと思います。といっても、他の会社で働いた経験がないのですが(笑)…ともかく入社以来、働きやすい環境であることを実感しています。この会社でいっしょにやってみようという方、最初はわからないことばかりで戸惑いもあると思いますが、周りの先輩が助けてくれるので心配せずに阪神機器の輪の中に飛び込んで来てください。

社員03


フッター